引っ越しをする時に意外と忘れがちな郵便物の転送設定。

郵便物の転送設定は引越し前でも依頼できるので、引越し前の住所に荷物が発送されて宛先不明で紛失なんてことにならないように早めに準備しておくことをおすすめします。

今回は引っ越しに伴って郵便事故が起きることを防ぐために気をつけることや転送届の出し方などについてまとめました。

 

郵便局の荷物の転送設定

郵便局では引越し前の住所宛の荷物を1年間無料で新住所に転送してくれます。
(1年経過した段階で更新することも可能)

手続きは簡単で、郵便局の窓口に身分証持参で行くだけ。

個人の転居か会社や団体の転居かでも必要なものが変わってきたりするので、下記の郵便局公式サイトの転送サービス利用ページで詳しい手続きや条件など確認してみてください。

→ 引越し先への転送サービスのご案内

E転居というサービスを使うとインターネット上でも手続き可能です。
(上記のページで説明されています)

ちなみに、日本郵便の転送サービスは引っ越し前でも引っ越し後でも転送サービスの申し込みは可能なので余裕を持って申し込んでおきましょう。

 

ヤマト運輸の転送設定

ヤマト郵便でも、郵便物の転送サービスを無料で利用できます。

ヤマト運輸の転送設定の手順としては、

1.郵便局に転送届を出す
2.ヤマト運輸の転送設定サービスに申し込む
3.テスト転送されて新住所に届いたはがきを受け取る

という流れになります。

郵便局に転送届を出している必要があるので、先に済ませておきましょう。

これはなりすまし防止のためで、まったく関係ない人が荷物を自分のところに転送してしまうトラブルを防ぐことが目的。

詳しい手順は、下記ヤマトのホームページで紹介されています。

→ クロネコヤマト宅急便転居転送サービス

ヤマトの転送設定も窓口に行かなくても大丈夫です。

 

佐川急便の転送設定

佐川急便に関しては、残念ながら転送設定サービスがありません。

そのため、これから説明する気をつけるポイントを守って、引っ越し付近で佐川急便を使った郵便物の受取が起きないように配慮しておく必要があります。

ちなみに、誤って旧住所に配送されてしまった場合ですが、通販などの場合は問い合わせ番号が連絡されているはずなので、佐川急便に電話すれば新住所に届けてくれます。

自動で転送はされませんが、手動で転送してもらうことは可能です。

 

郵便事故が怒らないために気をつけるポイント

佐川急便では郵便物の転送サービスが利用できないですし、転送設定をしていても万一のトラブルが起きる可能性は0ではありません。

下記のようなポイントには注意しておくことをおすすめします。

引っ越し日近くに通販での購入を避ける

引っ越し日が決まっている場合は、2週間前くらいから通販での購入を避けた方が無難です。

宅配便など到着日時の指定ができる場合は、引っ越し日以降に指定することで旧住所への配送トラブルを避けることができます。

しかし、送料無料商品やネコポス、ゆうパケットなど安価な発送方法は日時指定できないものが多いので、注文前に確認するようにしてください。

定期配送サービスは一旦停止する

意外と忘れがちなのが、定期購入している商品。

旧住所で登録されていると思いますが、住所の変更を忘れやすいので注意してください。

理想は引っ越しが落ち着くまで一旦配送をストップすることですが、ストップしない場合は引っ越し日以降に日時指定ができるかどうかを確認しましょう。

通販サイトに登録している住所を変更する

楽天市場やAmazonなど、ネット通販がかなり普及しているので利用していないケースの方が少ないと思います。

通販サイトで優先的に選択される住所は、新住所に変更しておいた方が購入時のうっかりミスが減るのでおすすめです。

また、JAFの住所変更はかなり忘れがちなので、しっかり変更しましょう。

年に1回の更新通知などが旧住所に届いてしまいます。

 

まとめ

基本的には、佐川急便以外は転送サービスを利用できるので、郵便事故などは起きにくいと思いますが、気をつけるポイントなども合わせて実施しておくと安心です。

引っ越しの準備でバタバタしてしまいますが、忘れずに手続きしておきましょう。